よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜

注目の先進医療・免疫療法のすべてを解説

免疫療法の名医5院 医療機関の選びかた がんの種類別 症例集 最新の免疫療法とは
HOME » これだけある!免疫療法の種類とその変遷 » 第四世代 ペプチドワクチン/樹状細胞療法

第四世代 ペプチドワクチン/樹状細胞療法

免疫療法の第四世代、ペプチドワクチンと樹状細胞療法について解説します。

この第四世代からは、がん細胞を確実に攻撃するため、培養する免疫細胞にがん細胞を特定する能力をつけさせることを中心に研究が行われました。

免疫細胞にがん細胞の特徴を覚えさせる治療法

活性化リンパ球療法などの第三世代の免疫治療では、体内でがん細胞を特定することができないため、効率よくがん組織を減少させることができませんでした。

そこで考えられたのが、リンパ球にがん細胞の特徴を覚えさせ、優先的に攻撃するよう教育する方法です。主に、がん細胞特有のペプチドを持つワクチンを、患者さんのがん細胞から作り出して投与する「ペプチドワクチン療法」や、樹状細胞ががん細胞の目印をリンパ球に教育する働きを持つことを利用した「樹状細胞ワクチン療法」などがあります。

いずれにしても、がん細胞の情報を持ったペプチドや樹状細胞は、リンパ球の一種である細胞障害性T細胞(CTL細胞)を活性化させることが分かっています。CTL細胞はNK細胞と並んで、がん細胞を攻撃する能力が高いと言われている免疫細胞ですので、これで効果的にがん組織を減少させることができるようになるというわけです。

これらの治療法は、第三世代の細胞培養療法を一歩進めた治療法ということで、第四世代と分類されています。

ペプチドワクチン療法とは

第四世代の治療法のうち、ペプチドワクチンを使う方法について解説しましょう。

ペプチドは数個のアミノ酸からなるタンパク質の断片で、私たちの体のすべての細胞が特有のペプチド構造を持っています。リンパ球や免疫細胞は、このペプチドの構造を目印にして、敵が味方かを判断して異質な細胞を攻撃すると言われているのです。

この性質を利用し、がん細胞から特有のペプチドを取り出してワクチンを作り、投与することでがん細胞への攻撃力を高めよう、というのがペプチドワクチン療法の基本的な考え方です。攻撃の目印となるがん細胞特有のペプチドは、200種類以上あると言われているそうですが、人工的に合成することもできます。患者さんの体質に合ったペプチドワクチンを作って投与すれば、効果的にがん細胞を攻撃することができるようになるそうです。

体内に入ったペプチドワクチンは、がん細胞を攻撃する能力を持つCTL細胞を刺激して活性化します。さらに、樹状細胞がペプチドの目印をキャッチすると、T細胞へこの情報を伝えて攻撃力がアップするというわけです。

樹状細胞ワクチン療法とは

ペプチドワクチンと同様に、がん細胞の情報を提示することで細胞を特定して攻撃する力をアップさせる治療法として、樹状細胞ワクチン療法があります。

樹状細胞は、体内に侵入してきた異物を攻撃する能力を持つ免疫細胞に、異物の特徴を覚えさせ、それだけを集中的に攻撃するよう教育する細胞。いわば、がん細胞を攻撃する免疫系の司令塔というわけですね。この樹状細胞に、がん細胞の特徴を植え付ければ、免疫細胞が効率よくがん組織だけを排除できるようになるわけです。

治療は、患者さんから採血して取り出した樹状細胞に、がん組織を認識させてワクチンを作り投与する方法で行われます。ワクチンの元となるがん組織は、人工的に作られるもののほか、手術で摘出した患者さん自身のがん組織が使われることもあります。

化学療法と免疫療法の両方の効果を最大限に引き出すために、それぞれの治療を担当する医師が連携を取って、治療スケジュールを組み立てる必要があります。

今いちばん新しい第五世代の免疫療法はこちら>>

 
厳選! 免疫療法が受けられる評判のクリニック
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜