よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜

注目の先進医療・免疫療法のすべてを解説

免疫療法の名医5院 医療機関の選びかた がんの種類別 症例集 最新の免疫療法とは

東京MITクリニック

 東京・八重洲にある『東京MITクリニック』について、免疫療法の特徴やクリニックの基本情報などをまとめてご紹介しています。 

東京MITクリニックとは

東京MITクリニックHP画像『東京MITクリニック』は、東京駅から徒歩5分という好立地でアクセスしやすく、2万人を超える治療実績と、豊富な免疫治療のメニューを持つ都内屈指のがん治療クリニックです。院長は東海大学や杏林大学など複数の大学で腫瘍免疫学についての研究と経験を積んだ専門医で、同じビル内に系列の『アスゲンがんクリニック』も開院しています。

採用している治療法は、がんペプチド誘導治療によってがん抗体を発現させてがん細胞の認識を高めると同時に、サイトカイン誘導治療でリンパ球を、アポトーシス誘導治療によってミトコンドリアの活性を促すという3つの柱で進行する、APT分子免疫治療と呼ばれる方法。リンパ球のがん細胞への攻撃力を高め、ミトコンドリアによるがん細胞の自滅を目指します。

これまでの治療実績では、あらゆる部分のがんや骨転移の症例など数多く報告されています。 

免疫療法の特徴

  • APT分子免疫療法

これまでの免疫療法では、見つけることができなかったがん細胞を、効率よく見つけて攻撃する方法。まずは、点滴によってがんペプチド誘導治療を行い、効率的にがん抗体を発現させ、がん細胞を見つけやすくします。さらに、サイトカイン誘導治療で弱ったリンパ球を機能回復させて、がん細胞の攻撃力を高める治療を行います。最後に、がん細胞内のミトコンドリアを蘇らせ、がん細胞の自滅(アポトーシス)を促します。以上の3つの治療法を組み合わせて、がん細胞の消失を目指す方法です。

治療を希望する患者さんは、まずリスクチェッカーと呼ばれる高度精密血液検査システムで検査を行い、がん細胞を攻撃するリンパ球やNK細胞の機能などを調べます。1人1人の患者さんの免疫力の状態を確認し、3つの治療法のバランスを組み合わせて内服や点滴を行います。

東京MITクリニックの基本情報

院長 宇野克明(日本初のがん免疫検査システム「がん免疫ドック(イムノドック)を開発)
住所  東京都中央区八重洲2-5-6 KBYビル3階
アクセス JR 東京駅 徒歩5分
東京メトロ銀座線 京橋駅 徒歩5分
診療時間 月~金曜10:00~12:00、13:00~16:00 予約受付時間…月~土曜9:30~18:30(祝日除く)
休診日…土・日・祝日
ホームページ http://www.comfort-hp.com/

免疫療法でさまざまな症例で実績を上げているクリニックを厳選
東京の厳選5院を紹介しています>>

 
厳選! 免疫療法が受けられる評判のクリニック
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜