よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜

注目の先進医療・免疫療法のすべてを解説

免疫療法の名医5院 医療機関の選びかた がんの種類別 症例集 最新の免疫療法とは

白山通りクリニック

東京江東区にある『白山通りクリニック』について、クリニックの診療時間などの基本情報、免疫治療の方法と特徴などをまとめてご紹介しています。 

白山通りクリニックとは

白山通りクリニックHP画像『白山通りクリニック』は、主に活性リンパ球療法を採用している、がんの免疫療法専門クリニックです。平成15年に、国立がんセンターで行われていた活性化リンパ球療法を引き継ぐ形で開院し、Tリンパ球を使った免疫療法にこだわって4000例以上の治療実績があります。最近は、樹状細胞ワクチン療法も行えるようになりました。

東京女子医科大学東医療センターと提携しているので、放射線治療や化学療法などの標準治療と免疫療法を併用可能なところも特長のひとつ。東京女子医大の教授や講師など、がん治療に精通した医師が治療を担当しています。

免疫療法の特徴

  • 活性リンパ球療法、樹状細胞ワクチン療法

こちらのクリニックでは、リンパ球の中でも、Tリンパ球を活性化させる免疫細胞療法を行っています。患者さんの血液の中から、がん特異的なTリンパ球も含むTリンパ球を活性化&増殖して投与する方法です。
がん細胞を攻撃する性質を持つキラーT細胞だけではなく、免疫機能をアップさせるヘルパーT細胞も同時に投与するので、治療の効果が上がるだけではなく、生活の質の改善にもつながります。Tリンパ球の1回に20ml〜50ml程度の採血で治療できるため、患者さんの負担が少ないのもメリットのひとつです。

また、患者さんの血液から採取した樹状細胞を培養してワクチンを作る、樹状細胞ワクチン療法を新たに採用したそう。樹状細胞はマクロファージと呼ばれ、がん細胞などの異物を食べて退治してくれる免疫細胞のひとつ。がん細胞を食べることでがんの目印を認識して、ほかのリンパ球にがん細胞を狙って攻撃するよう指令を与えることができるようになります。

白山通りクリニックの基本情報

院長 小川健治(経歴:東京女子医科大学教授、東京女子医科大学名誉教授ほか)
住所 東京都江東区冬木18-4
※そのほか、全国に提携医療機関あり
アクセス 東西線「門前仲町駅」1番出口
東西線「木場駅」3番出口
大江戸線「門前仲町駅」6番出口
診療時間 月・水・金・土曜10:30〜12:30、13:30〜16:30(土曜は投与のみ) 火曜13:30〜16:30
予約受付時間 月〜土曜9:00〜17:30(祝日を除く)
休診日 日曜・祝日
ホームページ http://www.hakusan-s.jp/
 
厳選! 免疫療法が受けられる評判のクリニック
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜