よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜

注目の先進医療・免疫療法のすべてを解説

免疫療法の名医5院 医療機関の選びかた がんの種類別 症例集 最新の免疫療法とは
HOME » 免疫療法を正しく理解するための5つの基本 » 他の治療法との効果の違い

他の治療法との効果の違い

現在まで、がん治療の標準とされてきたのは、切除手術と放射線治療、抗がん剤治療の3大治療。それらと比較して、免疫療法のメリットについて解説します。

切除手術と免疫療法の違い

がんと診断されて最初に検討する治療法が、病巣部分を切除する外科手術でしょう。

初めにがんが発生した原病巣や、そこから転移した先の転移巣を可能な限りメスで切り取る手術です。血液のがんを除く、ほとんどのがんに対して有効ですが、進行した病状の方や転移が多い方、病巣のある器官を取り除くと術後の生活に支障がでる恐れがある場合などは、すべてのがんを完全に取り除くことはできません。患者さんが高齢の場合も、リスクを考えて手術を行わないことがあるそうです。

完全に病巣を取り除くことができなかった場合は、他の治療法と併用して症状改善を目指すケースも多いようです。

いずれにせよ、体にメスを入れる手術は、患者さんの体にとっては過大なリスクとなります。

放射線治療との違い

放射線には、特定の細胞へ集中的に照射すると、細胞が持っているDNAを破壊して増殖を止める作用があります。この性質を利用して、がん細胞へX線やガンマ線を照射してがん細胞の増殖を抑える治療法が、放射線治療です。

切除手術を行っても病巣をすべて取り切れなかった場合や、がんの転移や再発を予防する方法のひとつとして行われる場合があります。

照射方法や時間、放射線の種類などを工夫して、がん細胞だけを狙い撃ちする技術が開発されていますが、やはり正常な細胞を傷つけてしまうことが多いのが現状。どうしても副作用が出てしまうことは否めません。

放射線治療だけでがんを治癒することは難しく、抗がん剤治療などを併用することが多いのも特徴です。

抗がん剤治療との違い

がんが複数の場所に転移してしまった場合は、外科手術や放射線治療では対処できないことがあります。そんな時に、体全体へ効果をもたらすことができる治療法として、抗がん剤の投与を行う場合があります。体のあらゆる場所に散らばってしまったがんも攻撃できるので、切除手術や放射線治療と併用して行われることがあります。血液のがんなどにも有効です。

しかし、正常な細胞まで傷つけてしまう可能性が高く、患者さんによっては激しい副作用が出てしまうこともあります。

免疫療法を行うメリット

切除手術や放射線治療、抗がん剤治療といった3大療法は、外部からの強制的な力によってがん細胞を押さえつける方法です。

どうしても、正常な細胞まで切り取ったり傷つけてしまうことが多いため、患者さんの体への負担が大きいのが問題点です。病気の進行によって体力が落ちているところに、切除手術や放射線治療などを行なえば、さらに体力が低下してしまうことは否めません。

その点、免疫療法は自己の免疫力を高めてがんを撃退する方法ですから、副作用や体への負担が少ないことがメリット。免疫療法によって激しい副作用に苦しんだ、というケースはほとんど報告されていませんし、採血と点滴だけで治療が行われるため、病状が進んで体力が落ちている患者さんでも、最小限の負担で済むのが最大の利点です。

入院の必要がなく、通院だけで治療できるところも、患者さんにとっては嬉しい点ですね。 

 
厳選! 免疫療法が受けられる評判のクリニック
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜