よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜

注目の先進医療・免疫療法のすべてを解説

免疫療法の名医5院 医療機関の選びかた がんの種類別 症例集 最新の免疫療法とは

免疫治療のしくみ

現在のがん治療に欠かせないキーワードとなっている、免疫療法。

日本においてはまだ歴史が浅く、一般に広く普及している治療法であるとは言えませんが、患者さんへの負担が少なく、効果も期待できる方法として注目されています。

そこで、“なぜ免疫療法はがんに対して効果を発揮するのか”という、免疫療法のしくみについて解説します。さらに、現在行われている免疫療法の種類もご紹介しましょう。

免疫療法が効くしくみ

免疫療法は、1970年代ごろから始まったとされる治療法です。当初は、免疫賦活剤としてBCGや担子菌から抽出した成分などを薬として投与して、自己の免疫力を高めることでがんを撃退しようという治療法でした。これを非特異的免疫療法と呼んでいます。

最近では、人工的な物質やワクチンによって自分の免疫を全体的に強める方法から、特定の免疫細胞を体外で培養して再び戻すことで、特定の細胞(がん細胞)だけを攻撃する力を増強しようという治療法に進化してきました。これは、特異的にがん細胞だけを撃退する方法という意味で、特異的免疫療法と呼ばれています。

患者さん自身の血液から免疫細胞を取り出し、それを増やして投与するので副作用もなく、がんへの攻撃力が集中的に増すと考えられているのです。自らの免疫機能を利用して、自然な力でがん細胞の増殖を止める、特異的免疫療法が現在の主流となっています。

免疫療法の分類・非特異的免疫療法とは

免疫療法が始められた当初は、体全体の免疫力を総合的に高める『非特異的免疫療法』が行われていました。有名な丸山ワクチンや蓮見ワクチンなどの免疫賦活剤、インターフェロンやインターロイキン2などのサイトカイン療法などが、それに当たります。

この治療法は、自己の免疫力を高めることで、あらゆる病気から自分を守ることができますが、がん細胞を集中的に撃退する方法としては、効果が薄いと言われていました。

免疫療法の分類・得意的免疫療法とは

非特異的免疫療法の欠点とされていた、がんへの集中的な攻撃力を高めるために研究された方法が『特異的免疫療法』です。

例えば、がん細胞だけが持つ目印を取り込んだペプチドをワクチンとして投与することで、免疫細胞を活性化させ、がんへの攻撃力を高める方法や、がん細胞を殺傷する能力が高い免疫細胞を選んで培養し、たくさん投与することでがん細胞だけを集中して撃退できるように工夫した治療法などが開発されています。 

 
厳選! 免疫療法が受けられる評判のクリニック
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜