よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜

注目の先進医療・免疫療法のすべてを解説

免疫療法の名医5院 医療機関の選びかた がんの種類別 症例集 最新の免疫療法とは
HOME » 免疫療法を正しく理解するための5つの基本 » 免疫のしくみとその働き

免疫のしくみとその働き

免疫という言葉は良く聞きますが、具体的にどのようなシステムが働いているのか、詳しくご存じでしょうか?

ウイルスや細菌、異物やがん細胞から私たちの体を守る免疫機能について、基礎知識を学んでいきましょう。 

免疫ってなに?

風邪を引いたり病気にかかったりすると、『免疫力が落ちている…』なんて言いますね。

そもそも、免疫とはどのような仕組みのものなのでしょう。

私たちの体の中では、隅々の細胞まで血液が循環していて、酸素を運ぶ赤血球や血小板、異物を退治する白血球とが絶えず巡回しています。その中でも白血球は、たくさんの種類の免疫細胞の総称で、いくつかの免疫細胞が私たちの体の中に入ってきた異物を取り除き、病気に感染することから防いでいるのです。

例えば、私たちはインフルエンザなどの病気を未然に防ぐために、予防接種を受けることがあります。予防接種というのは、感染を防ぎたいウイルスや細菌をワクチンにしてあらかじめ体内に入れておき、その異物に対する対抗措置を取っておくことで本格的に感染することを防ぐものです。免疫は、私たちが細菌やウイルス、がん細胞などの異物によって体内を汚染されないよう、守ってくれる防御システムのことを言います。 

チームプレーで体を守る免疫細胞

異物に対して免疫細胞が行う対抗措置は、抗体と呼ばれています。体内にウイルスなどの異物が侵入してくると、その異物だけに対応する抗体が作られ、この抗体が細菌やウイルス、異質な細胞とくっついて目印となり、免疫細胞が攻撃する際の標的となるわけです。

白血球の一種、マクロファージやリンパ球などの細胞は、体内を巡回中にこの抗体を見つけると積極的にくっ付いて、異物を食べてしまったり、酵素で分解する働きがあります。また、リンパ球の中には、抗体の目印を掲げながら他の免疫細胞に『この異物を攻撃しろ!』と命令して活性化させる機能を持っているものもあります。

これらの免疫細胞は、どんなウイルスや細菌が侵入してきても、その異物に対応できる抗体を作り出すことができると言われています。この抗体を目印に、どんな異物でも撃退できる高性能の防御システムが、私たちの免疫機能です。

私たちの体の中は、様々な種類の免疫細胞がお互いに協力しながら、チームプレーで体内環境を守っているわけです。 

 
厳選! 免疫療法が受けられる評判のクリニック
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜