よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜

注目の先進医療・免疫療法のすべてを解説

免疫療法の名医5院 医療機関の選びかた がんの種類別 症例集 最新の免疫療法とは

がんと免疫の関係

私たちの体内では、健康な人も常にがん細胞が発生していると言われています。

それが、重大な腫瘍とならずに正常な機能を維持し続けられる理由は、私たちの免疫力によるところが大きいとされているのです。

がん細胞と免疫機能の関係は、どのようなものなのか解説してみましょう。

がん細胞は体内の異質な細胞の一種

がん細胞とは、そもそもどのような性質を持つ細胞なのでしょうか?

私たちの体を作っている細胞の中には、その細胞がどのような器官の細胞となって働くかを決めるDNAという遺伝情報が含まれています。しかし、加齢やストレスなどによってDNAの情報が傷ついてしまい、修復が行われないままいると、無秩序に細胞分裂を行って増え続ける異質な細胞が生まれてしまいます。それが“がん細胞”です。

私たちの体の遺伝情報を正確に持ち合わせていない存在であるがん細胞は、私たちの体内にありながら異物として増え続けます。やがては自分自身の正常な細胞を食いつくして機能を低下させてしまったり、最悪の場合は死に至らしめてしまうわけです。

がん細胞に対して免疫はどのように働くのか

正常な細胞が、異質ながん細胞へ変化してしまうことは、さほど珍しいことではないそうです。健康な人でも、毎日何千と言う細胞ががん化しているという話もあります。

それだけの多くのがん細胞が発生していても、すべての人の健康を脅かすほどの腫瘍にならないのは、ひとえに私たちの身体が持つ免疫機能が正常に働いているから。体内の様々な種類の免疫細胞が、がん細胞に対して攻撃を行っているからにほかなりません。

例えば、NK(ナチュラルキラー)細胞は、体内を隈なく巡回してがん化した細胞をいち早く見つけ、単独で攻撃して排除してしまいます。初期のがん細胞であれば、そのほとんどがNK細胞によって破壊されてしまうと言われているそう。NK細胞の力が及ばないほどにがん細胞が多くなってしまった場合でも、リンパ球など他の免疫細胞が協力して攻撃し、がん細胞を排除してしまいます。

ただし、がん細胞の方も撃退されまいと必死で、たまに正常な細胞のふりをして免疫細胞の攻撃をかいくぐり、増殖する場合があります。がん細胞は元々自分自身の細胞であったため、免疫細胞からも判別が付きにくいことがあるのです。そんな巧妙な手口で生き残ったがん細胞が、大きな腫瘍となって私たちの健康を脅かしてしまうことがあるわけです。

 
厳選! 免疫療法が受けられる評判のクリニック
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜