よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜

注目の先進医療・免疫療法のすべてを解説

免疫療法の名医5院 医療機関の選びかた がんの種類別 症例集 最新の免疫療法とは

NK細胞・CTL細胞

 NK細胞とCTL細胞は、私たちの免疫細胞の中でも特に重要な“がん細胞を攻撃する働きを持つ細胞”です。

この2つの細胞について、特徴や働きについて解説してみましょう。 

NK(ナチュラルキラー)細胞とは

私たちの体の中で働いている免疫系の細胞の中でも、病原菌や異物を攻撃して排除する機能を持っているのが、NK細胞。ナチュラルキラー細胞と言う名前の通り、体内を巡回して出会った異物を攻撃して殺してしまいます。ウイルスや病原菌、異物やがん細胞などから体を守ってくれる、いわば“最前線の攻撃部隊”ですね。

NK細胞が免疫細胞の中で唯一、攻撃指令がなくても自らの力で異物を攻撃することができるので、常に体内をパトロールし、異物を見つけるとすぐに攻撃することができます。

人間の体内では、健康な人でも常にがん化した細胞が発生していると言われ、それらのがん細胞をNK細胞などの免疫細胞が殺してくれるからこそ、健康な生活や正常な内臓機能が保たれているわけです。 

CTL細胞(細胞障害性T細胞)とは

細胞障害性T細胞は、がん細胞や移植された細胞、ウイルス感染した細胞など、自分にとって異物だと判断された特定の細胞にくっついて酵素を出し、破壊する性質を持つ細胞。NK細胞と同様に、がん細胞を殺すことができる細胞で、以前はキラーT細胞などと呼ばれていましたが、現在はCTL細胞と呼ばれることが多いようです。

体質によっては、過剰に反応し過ぎてアレルギーの原因となってしまうこともあります。

また、免疫療法においては、特定のがん細胞を抗原として教え込むことで、そのがん細胞だけを探し出して殺す働きを持たせたCTL細胞を作り出し、ワクチンとして投与する方法が研究されています。 

NK細胞とCTL細胞の違いとは

NK細胞とCTL細胞は、どちらもがん細胞にくっ付いて攻撃し、殺すことができる免疫細胞です。この2つの細胞の違いは、「がん細胞をどのようにして見つけるか」という点。

NK細胞の場合は、体内をぐるぐるとパトロールして、出会ったがん細胞だけを攻撃します。ですから、がん細胞がNK細胞の目が届かない場所に隠れている場合は、見逃してしまうことになります。例えば、単純にNK細胞を培養して増やし、体内へ取り込めば、がん細胞を破壊する可能性が増えますが、確実にすべてのがん細胞を破壊できるという確証はありません。

CTL細胞の場合は、あらかじめ攻撃したいがん細胞の情報を記憶させておくことで、特定のがん細胞だけを探し出して殺すことができます。体内を隈なく捜索し、指令を受けたがん細胞を見つけ、確実に殺すことができるわけです。

がん細胞への攻撃力、確実性を考えると、CTL細胞を活用した免疫細胞治療法の方が、より高い効果を期待できると言えるでしょう。 

 
厳選! 免疫療法が受けられる評判のクリニック
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜