よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜

注目の先進医療・免疫療法のすべてを解説

免疫療法の名医5院 医療機関の選びかた がんの種類別 症例集 最新の免疫療法とは
HOME » がんの一般的な治療法と免疫治療の関係 » がんの3大治療3 放射線

がんの3大治療3 放射線

がんの3大治療のひとつ、放射線治療について簡単に解説しましょう。

放射線治療は、がん組織を直接破壊することができる治療法であり、さらには、抗がん剤治療や手術と併用して、再発防止のために行われるケースも多いようです。

がん細胞を局所的に攻撃する放射線治療

放射線治療は、病巣に放射線を照射することによって、切除手術と同様に局所的にがんの組織を攻撃することができる治療法。しかも、手術のように傷を作ることなく、臓器を温存しながらがん細胞を取り除くことができる点がメリットと言えます。

放射線は、細胞の中でも遺伝子に強く作用することが知られていて、がん細胞が増殖する際に必要な遺伝子を壊し、細胞が増えないように抑える働きがあるそう。X線やガンマ線、電子線などの放射線を、がん細胞へ集中的に照射することで、がん細胞の活動を止めることができるのです。

外部照射と内部照射など照射方法はさまざま

放射線治療は、がんの種類や治療する場所などによって、治療効果が大きく異なっていて、放射線の種類や治療方法は、主治医や放射線担当医などが、様々な要素を考えて検討します。

がん組織を直接取り除くために行う治療のほかにも、切除手術後の再発防止のために行われたり、すい臓がんなどでは手術中に放射線を照射することもあるそうです。

治療の方法も様々あり、大きく分けると、体の外から病巣へ照準を当てて照射する『外部照射』、体の中から直接がん組織に照射する『内部照射』の2種類があります。

内部照射は、前述したように手術中に行われる場合や、放射線物質をカプセルなどに入れて内服する方法などもありますが、一般的なのは、小線源治療と言って、少量の放射線を発する線源を針などで刺して、24時間から数日間に渡って照射する方法。照射が行われている間は、子供や妊婦などとの接触を避け特別な病室などで待機する必要があります。

外部照射の場合は、病巣へ正確に照射するため、皮膚の上にマーキングをして照射部位を確定し、固定具などで体を固定しながら数分程度の照射を定期的に繰り返します。一般的には1週間に4〜5回の照射を数週間繰り返して休む、という治療パターンになることが多いようです。

放射線治療にも副作用はつきもの

放射線治療は、外部照射の場合は通院で行われるため、治療中も自宅で日常生活を送ることが可能です。しかし、放射線を照射して体の細胞を破壊しているわけですから、疲れやすくなったり、だるさを感じることもあります。治療中は無理をしないように心がけたり、生活に工夫が必要です。

放射線治療では、がん組織を破壊するのと同時に、正常な細胞を傷つけてしまうことも避けられません。放射線を当てた部分の皮膚が日焼けしたように赤くなったり、皮膚が敏感になってしまうことも多く、疲労感や食欲の減退、吐き気や口内炎などの副作用も考えられます。

副作用が出たら医師に相談して治療を中断したり、治療法を変えたりといった対処法がありますが、基本的には痛みや不調に耐え続けて治療を受ける方が多いようです。中には、副作用がひどくて治療を中止する方や、拒否する方もいらっしゃいますし、そのようなケースには、副作用がないと言われている免疫療法などの新しい治療法が、病状を変えるきっかけになるかもしません。

 
厳選! 免疫療法が受けられる評判のクリニック
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜