よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜

注目の先進医療・免疫療法のすべてを解説

免疫療法の名医5院 医療機関の選びかた がんの種類別 症例集 最新の免疫療法とは
HOME » がんの一般的な治療法と免疫治療の関係 » 免疫治療を併用する方法

免疫治療を併用する方法

がんの病巣を切除する手術を行い、その後に放射線治療や化学療法と併用して、免疫治療を受けたいと考える方が増えているそうです。

がんの一般的な治療と、先進医療である免疫療法とを併用して行うことについて、注意点やメリットなどをまとめてみたいと思います。

免疫療法は少しずつがん細胞を減らしていく治療法

免疫療法と呼ばれる治療法の多くは、NK細胞やCTL細胞、樹状細胞などの免疫細胞を取り出して培養し、数を増やして再び投与するもの。私たちの体の中で働いている免疫の中から、がん細胞を撃退する機能を特に強化させることで治療する方法です。

免疫細胞をいくら大量に増やして投与するとはいえ、細胞レベルの戦いになるわけですから、外科手術ほど劇的にがん組織を取り除くことはできません。その代り、全身に少しずつ飛び散ったがん細胞については、隈なく探し出して退治することが可能です。

免疫療法は、がんの標準治療と言われる切除手術、放射線治療のように、一気にがん細胞を排除する治療とは異なった手法で病巣にアプローチします。それぞれの治療法にはそれぞれの良さや欠点があり、複数の治療法を上手に組み合わせることで、大きな効果を生み出すことが可能になると考えましょう。

標準治療との併用でより効果を生む

免疫療法を行っているクリニックの多くは、標準治療との併用を推奨しています。

理由は前述したように、初期段階では劇的にがん組織を取り除く効果において、標準治療の方が勝っており、手術や放射線治療である程度がん細胞を減らした上で免疫療法を受けた方が、より高い治療効果が狙えるからです。

難しい場所にがんが見つかった場合など、手術不可なケースなら初期から免疫治療を行うこともありますが、基本的には、切除手術→放射線治療→免疫療法というように併用することが望ましいと言われています。

なお、抗がん剤治療と並行して免疫療法を行う場合は、治療のタイミングを間違えると患者さんの体力が想定以上に落ちてしまったり、逆にがん細胞が増えてしまったりという弊害が起こる可能性も考えられます。

化学療法と免疫療法の両方の効果を最大限に引き出すために、それぞれの治療を担当する医師が連携を取って、治療スケジュールを組み立てる必要があります。

免疫療法でさまざまな症例に実績を上げているクリニックは?
東京の厳選5院を紹介しています>>

 
厳選! 免疫療法が受けられる評判のクリニック
よくわかる免疫療法〜最新治療から実績のあるクリニックまでやさしく解説〜